笑顔を創りたいWeb屋の日常

某事業会社勤務のWebディレクター。つまり「なかのひと」やってます。Web業界からひょんなことで専門学校の先生に。そしてまたWeb現場に戻ったWebディレクターのブログ。情報デザインやWebの勉強をしています。

資格や肩書きは、ピッチに入ったら何もしてくれない。

【スポンサーリンク】

どうもこんにちはこんばんは。

元受託制作会社のWebディレクター、現在事業会社のなかのひとです。こんにちはこんばんは(二回目)。

 

"とりあえず納品すればお金がもらえる"という受託に対して、ものをつくるのは手段でしかなく、"で、どれだけ成果(数字)が出たの?"しかきかれない事業会社はプレッシャーがきついな(それが面白いんだけど)というのはもうずっと思っているのですが、つい先日もそれを象徴するような話が舞い込んで来て。

すごく単純に言うと「このサイト、ぜんぜん成果が出てない。toksatoさんに設計を依頼しよう!」という案件が来たっていう話です。

おいおい、これもうプレッシャーの塊やん・・・と思ったお話です。

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

 



 

信頼と実績が運ぶプレッシャー

これまで複数のメンバーがチームを組んで運用してきたページやサイトに対して、緊急ミーティングを開いたところ、成果が出てないと。そして、ユーザーに対して問題解決となる設計ができてないのが良くない!という結論に至ったと。そして役員も入っているそのミーティングの結論は「toksatoさんを引っ張り出せ」になったと。

おいそんな難しい設計まかされても困るよ。

成果でなかったら僕のせいじゃん!

なにそれ!

超怖いじゃん!

受託なら精一杯がんばって成果出なくても、同じ会社の仲間はわかってくれるだろうし、外からではどうしようもない事情もあるという逃げ道もあるけど、中に入っちゃうとそれも言えないじゃん!

 

何だよこれ超怖いやつじゃん

 

あれ?なんで、僕にこんな相談が来るわけ?

と、思ったんですけど、それは僕が今までに実績やスキルを見せてきたからなんですよね。あれ、自業自得・・・?

まあポジティブに考えたら、僕がこれまでにそれこそ受託時代から一生懸命やってきたから、いまそういう相談がもらえるんですよね。これは、本来とてもありがたいこと。

だが、肩書きや過去の実績はなにもしてくれない

どんなに肩書きや過去の実績(名声?)があっても、そいつらは今回のサイト設計においては何の手助けもしてくれないんですよね。自分が持っている、これまで培ってきたサイト設計力を使って成果が出るようにつくるしかない。恐ろしいほど他に術がない。

FWにとって良いパスが集まるのはとても良いことです。だがしかしそれは、同時に「外し続けたらパスが貰えなくなる」というリスクを渡されてるということ。

もっといえば、ピッチに送り込まれるということは、それだけ監督やチームに信頼されていればこそ。しかし、せっかくピッチに送り込んでもらっても、そこで良いプレーができなければ信頼を失い、それを繰り返せば職を失う可能性すらある。

でも、肩書きや実績がピッチの上で良いプレーをしてくれるわけではないんですよね。どこまで行っても、自分の実力しか頼りにならない。ピッチに入ったら、もう自分の実力で勝負するしかないんですよね

逆に言えば、すべてはピッチの上で力を発揮するための手段でしかない

ピッチの外でどんな活動をしようが、それらはすべてピッチの上で力を発揮するためのものでないと意味が無いんですよね(もちろん、仕事の話ですよ)。

どんなセミナーに行こうが、資格を取ろうが、そのセミナーで学んだことを自分の業務にいかすようでなければ全くの無意味だし、資格が仕事をしてくれるわけでもない。

もちろん、資格を取ることでいわゆる"箔"をつけるのは大事なことなんだけど、結局はその箔に見合った実力が無いとただ単に信頼を失うだけ

資格も肩書きも目に見えるスキルも、やってくれるのは「仕事を呼んできてくれる」ところまででしかなくて、実際にその仕事をこなすのは自分が持っている実力しかない。

 

つまり、目の前の仕事から逃げてたら他でどんなことをやっていたってダメなんですよね。

 

心理学を学ぼうが、体幹を鍛えようが、ピッチの上で結果を残すことから逃げていたら意味が無いし、そのためのピッチ外の活動じゃなきゃいけない。

もちろん、仕事がすべてではないし、人間ときには逃げることも必要だし、戦うピッチ(グラウンド)を変えるということだってあっていい。けれども、自身がそれをちゃんと自覚して、いまは逃げるなら逃げる、自信をつけるならつける(現在位置を確認する)ということを考えて動かないと、それは本当にただの逃げだよなと思います。

やたらめったらセミナーに行って特にアウトプットもなく、アウトプットしてもブログ書くだけ、みたいな人は典型的な"それ"なんでしょうね。もはや友達に会いたいだけなんじゃないかという。

cssなんちゃらでも、アドテクほにゃららでもなんでもいいんだけど、何をしにそこにいくのか、なにを得て、自身がピッチで戦うときにどう生かすのかはちゃんと考えないと。

 

結局、やっぱり目の前の仕事から逃げてるだけじゃ、なーんも始まらんっていうことだと思うんですけどね。