笑顔を創りたいWebディレクターの日常

某事業会社勤務のWebディレクター。つまり「なかのひと」やってます。Web業界からひょんなことで専門学校の先生に。そしてまたWeb現場に戻ったWebディレクターのブログ。

Webディレクターのやりがい、あるいは「"なぜ"この仕事をしているのか」。

こんばんちは、スーパー太っちょWebディレクターです。
スーパーは太っちょにかかります。

 

今日の記事は、美声なうえに永遠にひとりで喋れてしまう、明石家さんまスキルを持ったママWebディレクター「モ力あさん (@mocaaaasan) / Twitter」。そのモカあさんのTwitterスペースを聞いた後に書いております。
今日のTwitterスペースは「Webディレクターになりたい人が少ない」という話でした。(正確なタイトル忘れた・・・)

 

たしかに・・・。

 

いやそのまえに、最近の若者さんは「モカ」というと上白石の妹さんを思い浮かべるのでしょうけど、僕ぐらいのふとっちょおじさんになると「モカ」というと"未成年"というTVドラマで、いしだ壱成さんが叫んでいたなぁと思います。もかぁ!もかぁ!って、たしか夜中の公園で叫んでました。どう考えても近所迷惑だなと思いました。でも叫ばせてあげてください。あれは叫ばずにはいられない。もかぁ!でくー!でくにさいばんをー!

ちなみにその「未成年」の"モカ"を演じたのは"桜井幸子さん"という人で、これがもうおキレイでおキレイで。声もおキレイだし歌はうまいし、その上手さで紅白歌合戦にも出たことのある人です。さそり座の女と衣装の豪華さを競ったラスボスですいやちがう、ちがう、それは小林。小林のほう。桜井の方の幸子さんは2009年に引退をされてしまいましたが、女優としてはもうほんとに"ふわふわな優しさ"を表現させたら日本一だったんではないでしょうか。

 

いったいワタクシは何を言っているのか

 

脱線にもほどがある。

だもんで今日は、「Webディレクターになりたい人が少ない」を受けて、「そういえばWebディレクターになったら何が楽しいのかって、ちゃんと書いたことなかったな」という記事です。

 

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

 

■目次

  • 何者でもない自分が何かになれる
  • 全人類と”信頼の交換”ができる
  • 属人性が高いゆえの・・・?
  • 汎用性が高い(から、儲かりやすいw)
  • 追記:らじおきくといい

 

続きを読む

【出たよ】「Webディレクションやってますラジオ」アフターエントリ。(前編)

こんばんちは、スーパー太っちょWebディレクターです。
スーパーは太っちょにかかります。

 

さて、「【告知】「Webディレクションやってますラジオ」にでますの」でお伝えしたとおり、あの名村さんのPodcastラジオに出演してまいりました。

とりあえずもう再生ボタン置いちゃうんよ。

その他の配信で聞く場合はコチラ↓

はい、記載にある通り盛り上がった結果、一回の配信におさまりきらず、前後編になりました。いやーすごい。まあ、ゲスト対談のときはだいだいそうらしいので僕がスゴいわけでは無いですが!たっはー!

さて、これだけで終わるのもなぁと思い、とはいえラジオの中で話されていることをここで書いちゃったら意味がないし、ということで、いわゆる「アフターエントリ」みたいな、配信内容をフォローするようなことを書いてみますの。

なので、↑の配信を聞いていただいたらより楽しくなる、なんなら配信をもう一度聴きたくなる(んなこたない)ような記事を書きますのですよ。

 

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

 

■目次

  • 名村さんと、ヘラヘラおじさんだった
  • この記事の目的
  • しんどいWebディレクターに声をかけるとしたら?
  • プレッシャーに強いか、弱いか
  • スーパーは太っちょにかかります

 

続きを読む

【告知】「Webディレクションやってますラジオ」にでますの。

こんばんちは、スーパー太っちょWebディレクターです。
スーパーは太っちょにかかります。

 

今日はどシンプルに告知です。

Webディレクターなら知らない人はいないであろうPodcast(など多数で配信している)ラジオ、「Webディレクションやってますラジオ」に出ます。名村さんとお話ししたものが流れるわけでございますね。

 

というわけで告知だけど、いろいろ挟んじゃう(謎)

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

 

■目次

  • どんな話したの?
  • というわけで、募集してますの
  • なんで出るの?
  • いつ配信されるの

 

続きを読む

Webディレクターが、しんどいときに読む記事。

こんばんちは、スーパー太っちょWebディレクターです。
スーパーは太っちょにかかります。

 

Webディレクターってほんとしんどいしんどい言われるんですよねぇ。たとえばWebデザイナーとかエンジニアに比べて。やれ板挟みだの、プレッシャーがきついだの。

 

まあそうなんですけど(そうなんかい)

 

いや、回避法はあるし、というか僕は本当はそう思ってない
メンタルの保ち方みたいなものもあるにはあるが、そもそもWebディレクターという仕事の捉え方がきっと違う

ワイは!意識低い系の!Webディレクターである!!!

まあとはいえ、僕自身も長年Webディレクターという仕事を続けてきたことで慣れてしまった部分もある。言い換えればそれは「麻痺」と言ってもいい。だけどそこには、それはそれでノウハウがある

だからそのノウハウ=心の持って生き方をブロg・・・

 

ちがーう!!!

 

ノウハウとかそんなんどうでもええ!

とりあえず、いましんどい奴は読め!

いま悩んでいてしんどいWebディレクターに向けて、

ううう、こまった、しんどい、どうしよう、もうWebディレクターやめようかな・・・でも仕事しないとな・・・明日からどうしたらいいのか・・・もやもや、モヤモヤ・・・でも明日も出社だし、クライアントと会議はあるし・・・もやもや・・・

っていうモヤモヤ。

 

そのモヤモヤごとおまいさんをぶっ飛ばす記事である!(ひどい)

 

というね、そうやって読んでスカッとして帰っていただきたい記事でございあす。

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

 

■目次

  • 板挟みにあってしんどい
  • 業務量が多すぎ、激務すぎてしんどい
  • 土日返上で働いていてしんどい
  • 有給休暇が取れなくてしんどい
  • クライアントがモンスターすぎてしんどい
  • プレッシャーがきつくてしんどい
  • 知識、スキルが無さすぎてしんどい
  • まとめ:本来求められるものと、いちばん大事にすべきこと

 

続きを読む

Webディレクター的、年収の上げ方。

こんばんちは、スーパー太っちょWebディレクターです。
スーパーは太っちょにかかります。

僕はWebディレクターとしてこのブログで偉そうなことを言ったり、オンラインセミナーで偉そうなことを言ったり、会社で偉そうなことを言ったりして、偉そうなことばっかり言ってるんですが、実は最終学歴は専門学校卒であります。

そう、だから学歴としては割と底辺なのでありますね。

だからあのー、新卒のときは月給17万円でした。手取りじゃなくて総支給で。手取りだと13万円くらいですやね。しんどー。

また、契約社員や派遣社員だった時期もあって、時給1,000円で働いてた時もありましたねぇ。しんどー!。

 

なので世代的な平均年収でいうと20代後半までは平均年収より下でした。

30代前半は平均年収と同じぐらい。

30代後半からは平均年収を超えて、

41歳の今は平均年収をかなり超えているのではないかと思います。(大変申し訳ない感じもしつつ・・・)

 

転職も重ねたし、でもそれだけじゃないし。

今日はその、僕がどういう思考ややり方で年収を上げてきたのかということを書いておきましょうぞと、そういうナメくさった話でございます

 

 

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

 

■目次

  • 1.評価を上げる
    • ■がんばるとかスキルあげたとかそんなのどうでもいい
    • ■どういうゲームルールなのかを把握する
    • ■どうやったらそれができるようになるのかを考える
    • ■どうやったらそれを見せられるのかを考える
  • 「1.評価を上げる」のまとめと、重要な"例外"
    • ■人件費構成を考えるべき
  • 2.転職をする
    • ■転職=年収アップという壮大な勘違い
    • ■そこ(の会社)へ入るのに必要なスキル、実績を調べる
    • ■どうやったらそれができるようになるのかを考える
    • ■それをどうやって見せる(証明する)のか考える
  • まとめ(全体)

 

続きを読む

炎上プロジェクトに入るときの心構え3か条。

こんばんちは、スーパー太っちょWebディレクターです。
スーパーは太っちょにかかります。

 

先日行ったオンラインセミナーのアフターエントリですが、

  • セミナー受講してなくても何ら関係なく読めます。
  • 受講してると、受講した内容がさらに役に立ちます。

というエントリです。

※以下、「プロジェクト」と言ったり「案件」と言ったりしますが、文中の語感として良い感じの方を選んでるのみで、同じものを指していると思ってください。

 

さて。炎上案件というのはどうしてこうも僕の周りにやってくるのでしょうか。悲しい。炎上する前に来て欲しい。といいつつ、最近はそうでもないですけどね。炎上してから来るのではなく、最初から炎上している案件が多いです。なんそれ!©️ZAZY

自慢じゃないですが、僕は炎上したプロジェクトに入って上手くいかなかったことは一度もないです。いや、もしかしたら一度くらいはあったかもしれないが、覚えてないぐらいには「基本的にはそれなりの(望ましい)結末を迎えることができた」とは言える。

ただまあ、炎上案件って簡単っちゃ簡単なんですよ。後から入るのは。

いや、スキル的には大変難しい。高度なディレクションスキルが必要。だが、クライアントも含めた全メンバーの期待値が地の底まで下がっているので、あとはもう上がるしかないし、こっちにも過度な期待はしないんですよ(期待の低さがやりづらさになることもあるけど)。要するに、基礎的なことをきちんと、愚直に、方向を間違わずやり続ければいずれある程度までは回復するんですやね。

今日は、数々の炎上プロジェクトに「ちわーす!(ニコニコ」と舐めた入り方をしてその割にはなんとかしてきた僕が大切にしている、「炎上プロジェクトに入るときの心構え」であります。

 

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

 

■目次

  • 1.問題を特定する
  • 2.解決を欲張らない
  • 3.人にやさしく
  • まとめ
  • セミナー受講者の皆さんへ

 

続きを読む

えらい人の仕事は「忘れること」である。

こんばんちは、スーパー太っちょWebディレクターです。
スーパーは太っちょにかかります。

 

先日行ったオンラインセミナーのアフターエントリですが、

  • セミナー受講してなくても何ら関係なく読めます。
  • 受講してると、受講した内容がさらに役に立ちます。

というエントリです。

 

さて。

えらい人というか、上司はなんであんなに物忘れが激しいんでしょうね?すぐ、前に伝えたことを忘れる。サクッと、いとも簡単に忘れる。ときに、覆る。伝えたのに。

 

でも、それは部下が悪いんですよ。

部下が下手だから忘れるんです。

 

ウソだけど。

 

ただ、上司をはじめとする「えらい人」はなぜそんなに部下が伝えたことを忘れるのか、というのには明確な理由があります

ちなみにこれはクライアントも同じです。
社外の人同士なので堂々と「忘れている」ことを表には出しませんが、いまいちピンと来てなさそう、怪訝な顔をする、挙げ句、先週伝えたことを忘れたかのようなトンチンカンなことを言い出す。それも、同じ理由。

 

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

 

■目次

  • 上司は忘れまくる
  • 上司は忘れたい
  • 部下として大事な振る舞い
  • セミナー受講者の皆さんへ

 

続きを読む