笑顔を創りたいWeb屋の日常

某事業会社勤務のWebディレクター。つまり「なかのひと」やってます。Web業界からひょんなことで専門学校の先生に。そしてまたWeb現場に戻ったWebディレクターのブログ。情報デザインやWebの勉強をしています。

中間管理職こそ、上司よりも部下よりもさっさと早く帰れ。有休もバンバン使え。

元Web制作会社ディレクター・現事業会社所属のtoksatoですこんばんちわ。

なんか昨日の記事がGoogle砲を受けているようですありがとうございます。ぶっちゃけ「これは何が言いたいんだ?」と思って書いてたので、ちょっと複雑でございます(謎)

さて、もうすぐ有給休暇取得が義務化されますね。

年次有給休暇の時季指定義務 ※厚労省発行のPDF

「今般、労働基準法が改正され、2019(平成31)年4月から、全ての企業において、年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対して、年次有給休暇の日数のうち年5日については、使用者が時季を指定して取得させることが必要となりました」

我々のような大変よく教育された社畜にはありがた迷惑とても良い法改正なんですが、なんちゅうか、そもそも有休なんかバシバシ取ろうぜと思うわけですよ。

そういう僕は、一般的に労働環境が悪いと言われるWeb業界(とくに受託ね、受託)だった前職でも、有休は普通に使ったり残業も「仕事なんてしらんしらーん!まろは今日はもう帰りまする(・∀・)」といった感じで割と自由に帰ってました。かなり偉い方に分類される人だったのに。あらなんてダメなマネージャーなんでしょう。

自分のチームの部下だけでも10人近くいたのに、ほぼ全員放り投げて帰ってました。

やめて、石投げないで。
ワタシキットアナタノミカタ。イシナゲルヨクナイ。シゲルハクロイ。

 

っていうか、仕事なんてそんなもんでいいだろコノヤロウが、と思うのよ。

 

そんなわけで(どんなわけだ)、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

続きを読む

納品したらお金がもらえるということのすばらしさ。

新年あけましておめでとうございます。

とある事情・・・というか他の事をやらねばならないためにブログ更新をストップしているのですが(といいつつ書いた方がはかどったりして、とか思い始めている)、まあ、2019年ですしね。いや2019年かどうかは関係ない。年明けましたしね。挨拶がてら書いておきましょうと。

こんな記事に出会って。

qolony.net

ちょうど2年前にWeb制作会社から事業会社にうつった自分としては、大変共感する部分が多いと同時に、会社によってはこれでは厳しいかなぁと思ったりもしました。

なので、制作会社から事業会社に来たWebディレクターはこんなことやったり考えたりしてるよってのを書いてみます。

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

続きを読む

手法なんてだいたい糞食らえ。

ブログ更新止めてるんだけど、これはいま書いておかないとなと思ったのでサクッと。

タイトル見た時点でわかる人はわかると思うけど今日?バズってるこれですね。

www.axismag.jp

言いたいことはとってもわかるし、僕も「人間中心設計!UX!デザイン思考!」とか言いながら、いざ実践すると"テンデアサッテ"なものつくるひとたくさん見てきたので、そうだろうなと思う。

だがしかし、

手法や思考法なんてどれもそんなもんじゃね?

っていう非常に投げやりなエントリです。

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

続きを読む

しばらくブログお休みします。

前の記事で久しぶりに二ヵ月空いたんですが、ちょっとブログを書いている時間が取れないというか、ブログ書く時間があるならほかにやることがあるだろ状態であります。

なので、しばらく・・・たぶん夏過ぎかな?ぐらいまでブログの更新止まると思います。

わざわざ宣言しなくてもええやんという話なんですが、まあ、一応書いておこうかなと・・・。

とかいって、しれっと更新するかもしれないけど、いずれにせよ「新しい記事が出たら読みたいんだぜ」という方ははてなブログの読者になってもらうか、記事の下にあるFacebookページのボタンを「ぽちっとな」してもらえればでございます。

べつにプライベートに問題があるわけでもなく、本業が大変なことになってるわけでもないのでご心配なく。そのうち何やってたかもこのブログに書きます。

 

仕事について「最近どう?」って聞かれたら「仕事楽しいです」って答えておくといいと思う。

気が付いたら2か月も空いていた。

でもじつはブログを書いている場合ではないので短めに。

 

いまの会社に来て(注:事業会社でWebマーケやってます)、1年半近くが経ったんだけど、そうすると割といろんな人にこう聞かれます。

 

「(転職してきてしばらくたったけど)仕事、どう?」

 

で、振り返ってみたら、たぶん僕入社してからこの質問に対してぜんぶ同じ回答をしてるんですね。

 

「ああ、仕事楽しいですよ」

 

そう答え続けてきて、「あ、これは意識的にこうした方がいいな」と思ったわけです。できることならみんなが

そう答えると良いことがあるんじゃないかと、今日はそういう話です。 

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

続きを読む

日々を生きるだけでUX力を高める方法。

正確には「UXデザイン力」ですけどね。

その昔、とある人にこんなことを言われたことがあって。

「おまえ(ら)は、毎日コンビニ行ったりするよな?人によっては"行き""帰り"の1日2回行くやつもいるよな。では、おまえ(ら)はコンビニのコンサルができるか。毎日使っていても"売り上げるためにはこうすべきです"と言えないのに、WebのプロであるおまえらはなぜたくさんWebを使わない。ぜんぜんだめだろう」 

というのも、これを読んで。

note.mu

とくにここに共感。

施設のパンフレットデザインを見せた際に言われた、『パンフレットが置かれる現場に行ったみた?』 が今でも忘れられない一言であり、UXの本質的な言葉だと思っています。

そう、現場に行くことはとても大事。実は僕もこのブログで何年か前にそれを書いてる。

toksato.hatenablog.com

現場に行くことはとても大事。Webサイトならそれはリアルのサービスを体験するということもそうだし、Webサイトを体験してみる=資料請求してみるというのも「現場体験」になりますね。

制作会社にいると、意外と結構「クライアントに言いづらい」っていう人がいるんですけど、言ってみると良いですよ。「ためしに資料請求してみても良いですか?」とか「店舗に行ってみても良いですか?」と。

たいていのクライアントはむしろ喜んでくれるし、そこで嫌な顔するクライアントは本気で成果を出すつもりが無い人が多いので、リトマス試験紙的な効果もある。だからやってみるといい(お客様に迷惑がかかる、とかで難色を示すクライアントもいるので一概には言えないです)。

 

じゃあ、現場に行くことを意識づければUXデザインの力がアップするかというと、僕はそうは思わない。 

 

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

続きを読む

コンペを依頼する=悪ではないし、それを言うなら自身の価値も省みるべきだよね。

最近よくブログがバズってるWeb制作会社ベイジの代表:枌谷さんがこんなことをツイートしていて。

もうめっちゃ正論だと思うし、枌谷さんはほんと優秀な人だなぁと思うんだけど、実はちょっと違和感があってそれを書きたい。とくに発注者として。

 

ちなみに僕は10年以上Web制作会社のWebディレクターをやってきて、昨年から事業会社のWeb担当になりました。つまり、受発注両者のことがわかる現発注者側の人です。

 

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

続きを読む