笑顔を創りたいWeb屋の日常

某事業会社勤務のWebディレクター。つまり「なかのひと」やってます。Web業界からひょんなことで専門学校の先生に。そしてまたWeb現場に戻ったWebディレクターのブログ。情報デザインやWebの勉強をしています。

テスト仕様(設計)に見る幸せの考え方。

「わたし、定時で帰ります」の感想考察エントリばかりになってなんか切ない気持ちになってきたので、別のこと書いてみる。今日の作文ノルマも終わったし(謎)

ここをご覧の多くはWebとかIT系の人かなと思っているんですが、そうでない人もたくさんいることでしょう。そうでしょう。そうでしょう。きっとそうでしょう(いてほしい)。

さて、「テスト仕様」とか「テスト設計」という言葉をご存じだろうか。知っている人は知っている。知らない人はマジで知らない。たぶんウチのお母さんは知らない。きっとこれを見ているあなたの友達も知らない。だからあなたも知らない(論理破綻)。

いや、とはいえ知らなくてもみんな学生時代は定期テストなるものを通って来ただろう。それに普段の仕事でも「これちゃんとチェックした?(怒)」なんて、言ったり言われたり言わされたりしているでしょう。そやで、言われてるんよおまいさんは。言われてる。僕は知っている。知らないけど知っている。

だが、だいたいこれは前提をすっ飛ばしている。っていうことを一般の方々は意外に知らない。システムエンジニアの人とかは「ははーん、そういうことやな?」と思っただろう。きっとその想像を1ミリも超えないけど画面を閉じないで欲しい。

今日はべつに素敵なテスト設計の話をしたいわけじゃないから!っていうかそれなら一般の人向けに書かないから!

 

~どんな悲劇に埋もれた場所にでも、幸せの種は必ず植わってる~

そうそれはテスト仕様に植わってる

 

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

 

続きを読む

元Webディレクターが「わたし、定時で帰ります。」第5話みたよ。

 

その日のドラマ、その日のうちに!

 

というわけで今回も観ました「わたし、定時で帰ります。」第5話。

第3話のブログをすっとばしていること、ワタクシ忘れておりません。ですが、もういいんじゃないかと、おまえはもうがんばったんじゃないかと、ワタクシそう思うわけです。愛せずに終わってしまった3話の子を胸に抱きながら、5話の感想をワタシ書きます。断腸の思いで、5話の感想を書くの。はいウソです。

3話で書こうと思ったこと、5話で書けるなと思ったのでそれでええかなと。

何を書こうかと思ったかというと・・・・いやそのまえに一言いわせて。

アタイ、だまってられない。

これは言わなきゃいけない。

アラフォーのオッサンとしてアタイが言うべきこと。

 

種田(向井理)さん、そりゃないぜ。

 

あの契約の終わらせ方、僕的にはアウトです。あれはやったらダメなんよ。制作会社としてはものすごくよくない。

今日は、そんなバリバリのディレクションのお話。

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

 

続きを読む

元Webディレクターが「わたし、定時で帰ります。」第4話みたよ。

ええ、みました。

毎回ここをご覧になってる方はお気づきかと思いますが、

 

ええ、第3話の感想ブログをすっとばしてやりました(ドヤァ

いや、いずれ書きます。そのうち書きます。
GW中は他の文章書いてたのでドラマブログまで手が回らなかった・・・。

さて、今回の第4話は「働き方」で見るとエピソードが絞られていましたね。

「残業すな」「生産性を上げろ」と。

これを見たとき、とくにドラマの序盤で主人公の東山(吉高由里子)やそのまわりの上層部の対応が間違ってるよなぁと思いました。

結果的に問題を引き起こすことになる吾妻(柄本時生)だけど、これはその前のアプローチが間違っているから起きたことだよなと思うわけです。(まあそもそも脚本のあるドラマなんだけど)

ということで、今日はディレクターというよりマネージャー目線での私見をまき散らかすエントリです。

 

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

 

続きを読む

元Webディレクターが「わたし、定時で帰ります。」第2話みたよ。

うん、みた。また面白かった。

だからまたなんか書くんよ。またとりとめもない散文を書くんよ。よろしくだよ(謎)

第1話の感想はこちらね。
もうこれ感想じゃない気がするけど、そんなことは気にしない。

toksato.hatenablog.com

ワテクシこんな文章書いてる場合じゃないんですけど、ブログを書いている暇がないときほどブログを書け、と、そういう名言があるわけです。

ええ10年前の僕が言ってました。(実は本当に言ってた)

類似するものに「ウイイレをしている暇がないときほどウイイレは楽しい」という格言があります。ええ、もちろんワテクシのワテクシによる格言でございます。*1

さて、今回もまた示唆に富んだ会でございましたねぇ。いろいろ思うところありますので、前述のとおりものっすごくまとまりのない形でいくつかのシーンに対して元Webディレクターの私見を垂れ流してまいりましょう。

 

そんなわけで、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

*1:彼氏や夫に対して「この人、なんでこう時間が無いっていうときこそウイニングイレブンやるの?!」と思ってる奥様、許してあげてくださいそういうことなのですその時間が楽しいのです。

続きを読む

元Webディレクターが「わたし、定時で帰ります。」第1話みたよ。

うん。みた。面白かった。

Web業界の人は知ってる人もいるかもしれませんが、僕は元Web制作会社のディレクターでした。ちょうど主人公と同じ立場。僕の場合はもうだいぶ年上で、10人近くのチームも持ってましたが。

たかだか1話みたぐらいで、考察をきれいにまとめて結論に導くなんてできないしするべきでもないので(せめてやるなら最終回)、現場にいた人間として思ったことを書き散らかしてみましょう、そうしましょうというエントリです。(っていうか本当はこんなこと書いてる場合ではなく、他に書かなければならない文章が山ほどある・・・)

あ、ちなみに、現在は事業会社にうつって発注側にいます。なので、その辺でも両方がわかる人間のコメントとして見てもらえれば。

そんなわけで(どんなわけだ)、うぇぶぎょうかいのむめいでぃれくたーのお時間です。

続きを読む

【追記あり】桜田五輪担当相をザッケローニに置き換えてみた。

盛大にコケ散らかして右肩にヒビが入ったまま、まだ骨がくっついてないtoksatoですこんばんちわ。

なんか、炎上してるこれね。

www.news24.jp

※どうでもいいけど日テレNEWSでは右クリックもコピーもできない仕様になってるのに転載先ではそうなってないのなんかアレだなと思った・・・

最適ではないのはわかるけど、そんなに目くじら立てることかな?と思って。

ためしに、桜田さんをザッケローニ、池江選手を本田圭佑に置き換えてみた。

続きを読む

肩を骨折したのでnoteをはじめました。嘘です。

ええ、うそです。

肩を骨折はしました。正確には、肩の骨にヒビが入りました

「骨折じゃないじゃん」と言われるだろうけど、学術的にはヒビも骨折らしいです。だから嘘ではないです。

1週間ぐらい前に、盛大にコケ散らかしまして、右肩と顔からアスファルトにダイブしまして、ええ、秩序のない現代にドロップキック的なああいうやつじゃなくて、普通に物理的にアスファルトにダイブしました。結果、額に傷、肩にヒビです。痛かったです。もう何で生きてるんだろうと思うぐらいには、いや、そんなことは思わなかったけど、まじで痛くて痛くてもう、どういう休日やねん、とは思いました。

 

そして、noteをはじめました。

 

続きを読む