読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔を創りたいWeb屋の日常

某事業会社勤務のWebディレクター。つまり「なかのひと」やってます。Web業界からひょんなことで専門学校の先生に。そしてまたWeb現場に戻ったWebディレクターのブログ。情報デザインやWebの勉強をしています。

SEOの成果=ビジネスの成果ではないでしょ。

【スポンサーリンク】

今の会社の一員になってから、本当に多い話。

SEO対策をしたいんですが」

こういう話がすぐに出てくる。

Webに対する理解も、マーケティングも、プランニングもわからないのに、アフィリエイトなどのおかげでSEOという言葉が出回り、SEO対策だけが独り歩きしてますね。

小売業のECサイトオーナーって、もうSEOしか考えてないのかしら?というぐらいSEO対策を連呼します。覚えたての子供みたいに。集客すれば売れるとも思ってる。ECサイトにおいて集客はそりゃあ大事ですよ。でも、入場料があるわけでもなし、大事なことは集客した後でしょ?

どこの世界に「当店に来てください」ていうだけでその店に訪れるお客様がいるんでしょうか。

どこの世界に、訪れただけで満足して帰るお客様がいるんでしょうか。

その店に訪れるメリットはなんですか?

どんな良いことがあるんですか?

それが無いと来るわけないし、逆に言えばそれさえあれば自然と集客できることもある(少々暴論ではありますが)。

集客して売れなかったときのことを考えないんだろうか?と思ってしまいます。

もし、一度でもサイトに訪れて、そこが何も無いと思ったらもう二度と来て貰えなくなる。

ものっすごく恐ろしいことをしようとしている・・・・。

SEO対策の前にやることがあるだろう?ってことです。

集客することばかりを考えたって物が売れるわけが無い。

しかも、訪れたサイトはただただ商品が陳列してあるだけのサイト。

もし、楽天やYahoo!で同じものが売ってるならそこで買う必要はないし、もっというとそれを買うこと自体にメリットがないなら、もはやWebかリアルかなんてことは全く関係ないことですよね。

そんな簡単に物が売れるわけが無いんです。

お客様が求めているものを、抱えている問題を解決するサービスをして初めてお金をいただける。

より良い商品を、より良い価格で、そして適切なタイミングで提供することの方がSEOより何倍も重要だし、もっと言うとそのためにSEO対策を施すべきだと思います。

人に受け入れられたいのなら、「受け入れてください!」と大声を出すことに力を注いだってダメですよ。「こんなに良いことがあるんですよ!」と伝えることと、それが発信できるようなサービスを展開できてないとだめですよねぇ。

人がモノを買うって、そういうことだと思うんですけどね。