読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔を創りたいWeb屋の日常

某事業会社勤務のWebディレクター。つまり「なかのひと」やってます。Web業界からひょんなことで専門学校の先生に。そしてまたWeb現場に戻ったWebディレクターのブログ。情報デザインやWebの勉強をしています。

ブランディングには手間がかかるよね。

情報デザイン

【スポンサーリンク】

僕は昨年引退した元日本代表:名波浩のファンです。

ファンていうかもう信者です。

とまあ、それは置いといて。

(名波とデザインについては思うところがありますのでいずれ)

引退記念DVDを予約購入していたわけです。確か昨年末予約で3月中旬発売だったかな。

しかし、3月になれども4月になれども商品が届かない。調べてみたら、4月上旬に変更になってました。ジュビロのサイトで確認してやっとわかりました。

ひどい話だよなぁ・・・。

こちらはお金を払う契約をしているのに、遅れた情報を届けてくれない。自分達の社に来て確認しろと。

そして4月10日あたりに平気な顔して「発送しました」というメールを送ってくる。「遅れてすみません」という旨の記載も一切無し。

配達も配達で日通だったんですが、昼間に来て不在票もなし。あったのは知らない番号からの着信一つ。僕が勘を働かせてジュビロからの荷物に違いないと思って折り返したから良いものの、知らない番号にかける人じゃなかったらどうするんだろう。

しかも夜の配達が18~21時て。

昼間家にいない奴は18時にもまずいないよ(笑) そんな配達時間サービスやるだけ無駄では?

ECっつうのはサービスなんです。

Webサイトをどんなに綺麗に使いやすくつくったってそれだけじゃ意味がない。普通の店舗で言えばレジを高性能にしただけに過ぎないのだから。

ユーザーが商品を欲しいと思った瞬間から、手に届くまでの全てのタイミングをデザインしなきゃブランディングにはならない。

サイトリニューアルはブランディングじゃなくて、「ブランディングの始まり」でしかないんですよね。