読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔を創りたいWeb屋の日常

某事業会社勤務のWebディレクター。つまり「なかのひと」やってます。Web業界からひょんなことで専門学校の先生に。そしてまたWeb現場に戻ったWebディレクターのブログ。情報デザインやWebの勉強をしています。

日本工学院専門学校の卒展に行ってきました。

教育

【スポンサーリンク】

日本工学院01

日本工学院専門学校クリエイターズカレッジ卒業制作展に行ってきました。

場所は、秋葉原駅から歩いて数分のアキバ・スクエア

なんで、アキバなんだろう?と思っていたのですが、あとでなんとなくわかってきます。

これでいくつめだろう、というぐらい卒展に足を運んでいる僕ですが、

入ったとたん、まずびっくりする。

日本工学院02
ひ、人多い・・・・(汗)

人の多さに戸惑いながらも、グラフィック系の作品から見ることに。

日本工学院04

日本工学院05
前日に美術系専門学校の作品を見ていたので、こういうコッテコテのデジタル系グラフィック?は新鮮。

そして、うまいですねぇ。

ここまででもじゅうぶんクオリティに感心させられたのですが、

凄いのはここから。

大きなモニタにアニメが流されています。

日本工学院03

日本工学院07
そのタイミングで放映されていたのは、この作品。

アニメ科も声優科もあり、当然デジタル技術的なものも持ち合わせている日本工学院

出来上がるのは、立派なテレビアニメ。

足が止まって見入ってしまいました。

普通に深夜とかでやっているんじゃないだろうか、というレベル。

日本工学院06
僕と同じことを感じた人達の群れ?

放映している間中、どんどん人が足を止めて観て行きます。

日本工学院08
ゲームラボもこの人だかり・・・。

手にとってやってみたかったのですが、ぜんっぜん空かなくてあきらめました(泣)

脇からのぞいてみたのですが、ゲーセンで見るようなシューティングゲームがありました。

日本工学院09
CGアニメーションの展示もあります。

ノートPCに50ぐらいの3DCGアニメーションが入っていて、

それが4セットぐらい?ありました。

ヘッドホンをつけると、当然音声も聞こえます。

峠バトルをモチーフにしたものがあり、まるでアニメ「頭文字D」のようでした。

戦時中の神風特攻隊?をモチーフにした作品があり、戦闘機で敵機を撃ち落し、

最後は勇敢に敵機に飛び込んでいく、という作品では迂闊にもちょっと感動してしまった・・・。

(デジカメで動画を撮ろうかと試みましたが、全然クオリティが伝わらないので断念しました)

見学して、なるほどだからアキバなのかと思いました。(推測にすぎませんが)

ゲームやCG,アニメが好きな人、が、好きそうな作品の群れ。

そのターゲット層の集客を見込んで、という部分があるんではないでしょうか。

研究色のものは皆無でしたが、それを補って余りある実装能力の高さを見せ付けられました。

単純に遊びに来て暇をつぶすだけでも、楽しめるんじゃないでしょうか。

(3DCG作品とかもっと見たかったぐらい・・・どこかでDVD手に入らないだろうか)

こちらは3DCGの静止画。

日本工学院10
日本工学院11

うーん、凄い。