読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔を創りたいWeb屋の日常

某事業会社勤務のWebディレクター。つまり「なかのひと」やってます。Web業界からひょんなことで専門学校の先生に。そしてまたWeb現場に戻ったWebディレクターのブログ。情報デザインやWebの勉強をしています。

N64 「007ゴールデンアイ」がリメイク。

情報デザイン

【スポンサーリンク】

http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=5111

なんか、結局権利問題でリメイクは実現しないそうですが・・・。

こんなゲーム知らないですよね。

僕の世代の人間は、少なからずはまった人多いんじゃないでしょうか。

「映画ネタのゲームは駄作」という定説?を覆したゲームです。

基本的な内容は映画に沿っていて、主人公は007となり敵の組織に乗り込むのですが、

このゲームが大ヒットしたのは「4人対戦」。当時、PSやセガサターン(懐かしい・・・)等の人気ハードには、コントローラソケットが2つしかなかった(それがスタンダードだったのですが)。

4人でゲームをやるには、「マルチタップ」というまるでコンセントの延長タップみたいに、

ソケットを増やす外部機器が必要でした。

がしかし、N64(ニンテンドー64)は、ハードそのものにコントローラソケットが4つありました。

コントローラを持ち寄れば、新たに何かを購入しなくても皆でゲームが出来たのですね。

で、この「ゴールデンアイ」を、それはそれはもう良く集まってやってましたね~。

4人で化学工場とか図書館といった決まったエリアでサバイバルをしたり、

二人一組でチーム戦をやったりと、本当に面白かったです。

で、それがリメイクされると。

これはこれは、話題になるんじゃないかなとWebをあさってみたら

案の定盛り上がってたのですが、そこで出た多くの意見。

「皆でワイワイやるから楽しいのであって、ネット対戦では面白さ半減」

ドキっとしました。

ああ、言われてみればそうだなと。

画面を4分割して4人対戦するのですから、敵の画面も丸見えなのです。

それを見ながら、ワイワイやるのが楽しい。

チーム戦ともなれば「おい!お前トイレにいるだろ!今助けに行く!」と大声で叫んで、

そして敵にもまる聞こえという(笑)

ネット対戦になれば、わざわざ画面を4分割にする必要もないし、4人集める必要もない。

それは良いことだとばかり思っていたのですが、自分がユーザだったからこそわかります。

やっぱり、横に友達がいるからこそ面白いということもある。

「それが、なぜ、面白いのか」

ちゃんと、追求して、調査して、そして考えないと良いものは作れないんでしょうね。